任意売却や競売から見る住宅購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

任意売却、競売。以前なら、事業の失敗、ギャンブルなどの浪費などがイメージされますが、現在は、住宅ローンの返済苦(延滞)が過半を占めております。

それでは、なぜ、住宅ローンの返済を延滞してしまうのか。主な理由は次の通りです。

1.収入の減少。会社の倒産やリストラ、病気や介護などの生活状況など、本人自身の問題というよりも不意に襲ってきた要因による収入の減少から返済に耐えられなくなった。

2.無理な返済計画。購入時に、身の丈に合わない豪華高価な住宅を購入した、営業マンの言葉を鵜呑みにして検証することなく借り入れをした、などの返済計画の破たん。

3.投資の失敗。株などの債権による損失、不動産投資においての空室や修繕費用の増加などの負担増を家計の収入で支えられなくなった。

4.ギャンブルや消費などの浪費。そもそもこのような生活習慣の方は、住宅ローンを組んで家を買う前に留まってしまうため(買えない、買わない)、思ったよりも住宅ローンの破たんは少ない。

5.離婚。離婚によって住宅ローン破たんへと進む場合、共働きで購入したため片働きの収入では返済できない、養育費との二重負担に耐えられないという金銭面と、一人暮らしになった生活習慣の乱れや、やけになる精神面からの二つに大別される。

ケースによっては、これらの要因が重なり合うこともあります。

任意売却や競売の現場を見ていますと、つまるところ、購入当初にこうなってしまう種があったんだと思うことが多くあります。

どうして、そんなに高額な住宅ローンを組んだだろう、収入の減少、家族の状況変化への対応力がない(くらいの高額な住宅ローン)、そもそも不動産の選定ミス、などなど。

車を運転すれば事故にあうリスク、旅行に行けば事故にあるリスク、スポーツすれば怪我をするリスク、そもその、生きていれば、災害や病気にあたってしまうことはあります。

リスクがあるから買わない、というのは、危険だから何もしないで家に引きこもる(それでも災害リスクなどはある)。というのと一緒です。

リスクがあるなら、そのリスクをどのようにコントロールするのか。マネジメントの問題です。

簡単に言えば、価値が下がりづらい不動産を選び、返済負担をなるべく軽くする、そのような住宅購入へ進むということです。

preseek.shibata代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ物件

  1. 価格:1,250万円 所在地:千葉県流山市東深井726-30 交通:東武野田線運河駅より徒歩19…
  2. 価格:2,230万円 所在地:千葉県印西市原2丁目 交通:北総鉄道/印西牧の原駅 徒歩4分 …
  3. 価格:1,990万円 所在地:千葉県柏市手賀の杜3-7-14 交通:常磐線我孫子駅よりバス9分、…
  4. 価格:780万円 所在地:松戸市栄町7丁目588-17 交通:常磐線 馬橋駅 徒歩13分 面積…
  5. 価格:1,800万円 所在地:千葉県松戸市根本 交通:JR常磐線・JR常磐緩行線/松戸駅 徒歩4…
売却の窓口
売却の窓口
売却の窓口
建物調査あんしんくん
住宅あんしん保証
柏市・松戸市・流山市・不動産情報
中古マンション売買サポート
不動産購入支援サイト
不動産売却支援サイト
ページ上部へ戻る