任意売却代金の分配

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

任意売却でも形式は一般的な不動産売買と変わらないため、売買契約書の約款に記載されている「買主の完全なる所有権を妨げる権利・義務を除去抹消しなければならない」という取り決めを実行するのが前提となります。

差押え、抵当権、先取特権、賃借権などの解除を、売買契約の締結までに合意を得て、決済と同時に解除してもらいます。

すべての債権者からこれらの権利を解除してもらうために、その大前提となるのが、各債権者の債権額の確定です。債権額は、元金、延滞金・利息で構成されます。

この債権額は、任意売却の申し出をした日ではなく、売買契約を締結した日でもなく、不動産取引が完了する決済日が前提となります。(延滞金、利息は期間により変動するため)

不動産の売却で得られた代金は、控除が認められた必要経費を除き、債権者へ弁済されます。競売の場合は、第一順位の債権者から全額回収していきますが、任意売却の場合、競売と同様にしてしまうと抵当権抹消の応諾が得られなくなるため、後順位債権者にも分配します。

この分配(抵当権抹消のハンコ代)は、第一順位の債権者が本来なら返済される金額から融通するものであるため、競売により回収できる金額を大きく下回ってしまう場合は承諾されない場合もございます。(融通しても競売での回収額よりも多くなるようにしなければならない)

売却代金から控除が認められやすい経費の主な内容は次の通りです。

1.後順位の抵当権抹消の応諾費用(ハンコ代)
2.仲介手数料
3.抵当権抹消登記費用
4.滞納している管理費・修繕積立金
5.滞納している税金
6.引越し費用(状況による)

1のハンコ代には明確な規定はございません。債権者(第一順位の債権者、応諾者など)により、また債権や不動産の状況などにより金額は変わります。

4のマンションの管理費・修繕積立金は、区分所有法(第7条)にて対象となるマンションに対して先取特権が認められているため、債権者も認めざる負えません。(法律で先に回収していいと決められている)

しかし、管理費等の支払い延滞利息(延滞損害金)は認められないケースもあり、この場合、買主側へ負担が継承されるため注意が必要となります。

preseek.shibata代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ物件

  1. 価格:2,180万円 所在地:千葉県松戸市六高台5丁目55-1 交通:東武野田線六実駅より徒歩1…
  2. 価格:2,290万円 所在地:千葉県印西市原二丁目1番地 交通:北総線印西牧の原駅より徒歩4分 …
  3. 価格:2,230万円 所在地:千葉県印西市原2丁目 交通:北総鉄道/印西牧の原駅 徒歩4分 …
  4. 価格:2,180万円 所在地:千葉県柏市小青田2-1-2 交通:つくばエクスプレス/柏たなか駅 …
  5. 価格:2,280万円 所在地:千葉県白井市笹塚二丁目5番1 交通:北総線/白井駅 徒歩2分 専…
売却の窓口
売却の窓口
売却の窓口
建物調査あんしんくん
住宅あんしん保証
柏市・松戸市・流山市・不動産情報
中古マンション売買サポート
不動産購入支援サイト
不動産売却支援サイト
ページ上部へ戻る